ポリリン酸を使う利点

従来のホワイトニングは、濃度の高い過酸化水素水を利用したものが一般的でした。過酸化水素水を用いたホワイトニングは、成分が歯の内部まで浸透して歯全体を白くすることができます。しかし歯茎や口腔粘膜に付着したり、歯の表面に亀裂が入っていると痛みを伴います。また、エナメル質の水分を奪って脱水症状を起こし、歯がダメージを受けやすくなってしまう問題がありました。

歯科医院で行われるポリリン酸ホワイトニングでも、実は歯の漂白の部分は過酸化水素水を用いています。ポリリン酸には歯の表面に付着した汚れを落とす効果はありますが、歯全体を漂白する効果は見込めません。しかし、過酸化水素水にポリリン酸を混ぜることで、過酸化水素水の濃度が薄くなることで従来の施術のような痛みや歯へのダメージを軽減することが可能です。

ポリリン酸には汚れを落とすだけでなく、歯の表面をコーティングしてくれる効果もあります。そのため、従来のホワイトニングでは施術後の歯は色素が沈着しやすいため食事制限が必要でしたが、ポリリン酸ホワイトニングでは施術後すぐでも食事制限をする必要はありません。また、従来の方法と比べて比較的料金が安価な点も魅力の1つです。

歯を自然な白さにしてくれるポリリン酸ホワイトニングはまだ普及段階ではありますが、審美歯科治療で注目を集めている方法です。気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

ポリリン酸とは?

笑った時に見える白い歯は健康で美しいイメージを与え、好印象を与えてくれます。虫歯や歯周病といった歯の健康面だけでなく、見た目の美しさにも気を遣いたいという人にとって、ホワイトニングは以前より人気があるケアの1つです。

中でも、最近は「ポリリン酸」を使ったホワイトニングが注目されています。ポリリン酸を利用したホワイトニングは歯科医院での治療だけでなく、自宅で気軽に行えるホワイトニング剤なども販売されています。

ポリリン酸とは、リン酸が多数結合したもので、人間だけでなく多くの生物の体内にもともと存在している物質です。ポリリン酸は歯科治療ではホワイトニングだけでなく歯周病治療にも用いられており、肌や髪になど関する幅広い分野でも活用されています。

ポリリン酸には付着した着色物を落とす作用があることが知られており、変色を防止する食品添加物や食器用洗剤などの成分としても用いられています。その作用に注目し、歯のホワイトニング剤としても利用されるようになりました。ポリリン酸は元々生物の体内にある物質ということもあり、安全性にも問題がない点もメリットの1つです。従来のホワイトニングではしみるような痛みや治療後の食事制限など、様々な問題や制限があった点も、ポリリン酸を用いたホワイトニングは解決してくれるため注目を集めています。

審美歯科とホワイトニングの人気

人前でしゃべる時や物を食べる時、笑った時など、口元は意外とよく人から見られているものです。そのため、歯並びや歯の黄ばみや汚れが気になってしまうという人も多いでしょう。歯並びの矯正や歯の黄ばみをきれいにするホワイトニング審美歯科治療は、虫歯や歯周病の治療といった歯の機能面の治療ではなく、見た目の美しさに焦点を当てた治療法です。健康的で美しい歯、口元を手に入れることで人と出会うことやしゃべる事が楽しくなり、自信を持って生活することができます。

歯の黄ばみや着色は毎日の食生活や喫煙の習慣により気付かないうちに進んでいます。特にコーヒーや紅茶といった飲み物は歯の表面に「ステイン」と呼ばれる着色汚れが付きやすい飲み物としても知られています。ステインが歯に付着するメカニズムには、実は口内で起きている複雑な化学反応が関係しています。

食べ物や飲み物が口の中に含まれると、唾液に含まれている酵素と混ざって、化学反応が起こります。普段、歯の表面は薄いたんぱく質の膜が覆われていますが、食事をすることで、食べ物と唾液の酵素が化学反応を起こし、それが歯の表面のたんぱく質とも反応することで、食品の色素が歯に付着してしまうのです。すぐに歯磨きをすることで付着した色素を落とすことができますが、歯磨きをしなかったりコーヒーなどの色素が沈着しやすいものを頻繁に摂取していると、日常的な歯磨きでは落ちなくなってしまいます。

こうした色素をきれいにして、白く美しい歯を取り戻すことができるのが審美歯科治療によるホワイトニングです。

推奨サイト【http://www.sbc-dental-osaka.jp/
・・・ホワイトニング治療を行っている審美歯科のサイトです。